medical care available in English当院は英語での診療が可能です

皮膚科

Dermatology

Dermatology皮膚科

湿疹から慢性・難治性の疾患まで、あらゆる皮膚の病気に対する保険診療です。

頭から足先、皮膚だけでなく髪や爪の病気にも対応いたします。また、必要に応じて血液検査、皮膚生検(皮膚の一部を採取することで診断をより確実なものにする検査)など詳しい検査も行います。

よくある疾患

  • アテローム(粉瘤)
  • アトピー性皮膚炎
  • イボとミズイボ
  • ウオノメとタコ
  • 疥癬(かいせん)
  • かぶれ
  • 乾癬
  • 血管炎・紫斑病
  • ケロイド
  • 掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)
  • あざ
  • 多汗症
  • 腋臭症
  • 蕁麻疹(じんましん)
  • 脱毛症
  • 爪の病気
  • とこずれ(じょくそう)
  • とびひ
  • ニキビ
  • 白癬(水虫・たむしなど)
  • 白斑
  • ヘルペスと帯状疱疹
  • 虫さされ
  • 薬疹(重症)
  • 保険適用外の疾患は自費診療です。
  • ビタミン剤、トランサミン等は疾患により自費診療、処方です。

かぶれ

「毛染めをしたら痒くなりました」「原因はわからないけど湿疹がくりかえしできます」

皮膚に直接触れたものが原因となって起こる炎症や湿疹をかぶれ(接触性皮膚炎)と言います。ご自身で原因がわかっているケースと、原因とは気がつかないまま使用し続けているケースがあります。アレルギー性接触皮膚炎は、化粧品、毛染め料、香水、アクセサリーの金属、ゴム製品や皮革の加工に使われる化学物質、植物、果実、外用薬・消毒薬・点眼薬など、身のまわりにある無数のものが原因になりえます。

湿疹

「赤くてかゆい発疹ができました」

皮膚科を受診される患者さんにとても多く見られる疾患です。原因は、自己免疫や食べ物アレルギー、ダニ、ハウスダスト、薬疹、ウイルスなどがありますが、中には原因がはっきりしないものもあります。湿疹・かぶれなどはかゆみを伴うことが多く、辛いものです。患部を掻いてしまうことによってとびひになってしまうこともありますので早めの受診をおすすめします。治療は、かゆみや炎症を抑える外用薬や内服薬を使用します。

蕁麻疹

蕁麻疹

蕁麻疹は突然赤い膨らみができ、数時間後にはあとかたもなく消退するものです。
一ヶ月以上続くと慢性蕁麻疹になることもあり、皮膚だけでなく口腔内にも生じたり、息苦しく感じることもあります。
この他に機械的蕁麻疹、寒冷蕁麻疹、コリン性蕁麻疹、日光蕁麻疹、接触蕁麻疹などがあります。
これにストレスや体調不良、季節の変化等が加わるとより発症し易くなります。

治療は内服がメインで、蕁麻疹のタイプにより発症回避や生活習慣の改善をご指導します。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は治りますか?とよく質問されます。

アレルギー的素因は全く消し去ることは難しいですが、寛解(良い状態)が維持されていることがすなわち治っている状態と考えれば、打ち勝つことのできる疾患です。
アトピー性皮膚炎の発症は生後数ヶ月、幼稚園の時、成人してからなど年代によって大きく分けられます。
生後数ヶ月で発症する方はまず皮脂欠乏を補うための治療をし、症状によっては薄いステロイド剤を用いることもあります。
気を付けてケアしていれば、1歳頃になると寛解する方が多いように思います。離乳食時からアレルギーを誘発しやすい食物の除去などを指導し、1歳を過ぎても症状の悪化がみられるようであれば血液検査でアレルゲンチェック(何がアレルギーの原因になっているのか調べる)を行うこともあります。
幼稚園の頃に発症する方が一番多いように思います。血液検査でアレルゲンを調べ、食物やハウスダストなど回避できるものは避けるようにします。皮脂欠乏は外用剤で補うことが出来ますが、上昇した抗体価(アレルギーを起こしているものに対して体が反応し上昇するもの)は外用剤の塗布のみでは改善しません。

この場合、内服による治療が効果があります。
良い状態に積極的に持っていき、そこから悪化をしないように維持療法をすることが大切です。何となく悪くないからいいや、という状態は良い治療ではないし、せっかくきれいになるのにもったいないと思います。維持療法を根気よくすれば第2次成長期のころに寛解する方が多いです。ホルモンバランスと、免疫機構がしっかりしてくるからでしょう。成人してからの発症は幼少時に小児喘息があった、よく皮膚科に通っていた記憶があるとおっしゃる方が多いです。初発というよりはアレルギー的な素因が、季節の変わり目で体調を崩したり、一人暮らしを始めたり、就職、転職などで環境が変わりストレスがかかった時に再燃していると言えます。

ストレスの回避は難しいですが、いったん激しく出た症状は治療ですぐに改善することは出来ます。しかしその状態を維持することが重要かつ忙しい年代の方にとって難しくなります。
2~3年ほどで再燃(再び悪化すること)を繰り返さないようになることが多いので根気よい維持療法をお勧めします。ライフスタイルと年齢によってもっとも効果的な治療を考えています。かゆいのは時には痛いこと以上に辛いことと思います。
お話をゆっくり伺いサポートするので心配しなくて大丈夫です。

いぼ

「手や足にブツブツができてだんだん増えてきました」いぼは、ヒトパピローマウイルスの感染により生じます。ウイルス感染ですので、放置すると感染して増え、家族内などでも感染することもあります。治療は、液体窒素療法、内服療法、外用療法、炭酸ガスレーザーなどを行います。いぼの治療は1回で完治することはなく、複数回の治療が必要となることがありますので、根気よく治療をする必要があります。

たこ・魚の目

たこやうおのめは、足の決まった場所が慢性的に刺激を受けて発症します。治療は厚くなった角質を削りとります。再発予防のために外用治療も行います。また、たこ・うおのめの様に見えて、実はウイルス感染によるいぼ(尋常性疣贅)だったということがお子さまによくみられます。

水虫

「足の指の間がふやけてかゆいです」「かかとがガサガサでひび割れができました」「爪が白くもろくなってきました」水虫は、白癬菌(はくせんきん)というカビ(真菌)の感染により発症する疾患です。水虫かどうかの診断は角質または爪の一部を採取し顕微鏡で白癬菌を確認することが必要です。水虫と自己判断し、市販の水虫治療薬を外用する方も多いと思います。一見水虫のように見えても実は湿疹である場合も多く、かぶれをおこしてから受診される方も多くいらっしゃいます。やはり皮膚科での正確な診断、治療を受けるのが完治への近道です。治療は外用剤、内服薬(爪水虫)が基本となります。

ヘルペス

「疲れがたまると唇の縁に細かい水ぶくれができてピリピリします」単純ヘルペスウイルスの感染で起き、顔にできる1型と外陰部や臀部などの下半身にできる2型ウイルスの2種類があり、初感染で口内や外陰部に発疹が生じた時は高熱と激痛が伴います。治療は、抗ウイルス剤の内服と外用を行います。発疹の出る前にチクチクする感じなどの予兆の出ることが多く、その時点で内服を始めると治りが早まります。しかし、単純ヘルペスウイルスは一度感染すると神経節に潜伏するため、疲労、ストレス、風邪などによって免疫力が下がると再発を繰り返すことがあります。

帯状疱疹

「片側の胸から背中にかけて細かい水ぶくれがたくさんできてチクチク痛みます」

みずぼうそう(水痘)のウイルスである水痘・帯状疱疹ウイルス(VZV)が、過労、他の疾患、手術などにより免疫力の低下により再活性化することによって発症します。体の片側の一定の神経支配にそって痛みを伴った細かい水ぶくれが帯状に生じます。診断、治療開始が遅くなるほど、帯状疱疹後疼痛という神経痛が長い間残ってしまうことがあります。早期に皮膚科を受診して抗ウイルス薬内服や点滴治療を開始することが大切です。万が一帯状疱疹後神経痛が残ってしまった場合は内服薬によるペインコントロールも必要となります。

ニキビ

小学校5年生くらいから鼻やおでこに小さなプツプツが出来ます。外用剤と洗顔でたいていよくなります。高校生くらいになるとしつこいニキビとニキビ跡で悩んで来院してこられます。

抗生剤の種類は多数あり、ニキビに効くものとして同じものを漫然と長期に内服しても効果はありません。肝機能など、成長期にはかえって副作用が前面に立ちます。内服はビタミンや有効な抗生剤を短期間使用し、ニキビ跡の為の内服もご説明します。洗顔など日常のケアもお話しします。

頑固なニキビに粉瘤(皮下に老廃物がたまるもの、感染を起こして痛みと腫れを伴うこともある)を併発している方、色素沈着症(シミ)になって悩んでおられる方は本当に沢山おられます。
私も20代、30代、40代で体調が悪くなった時に、年代によって様子の変わる頑固なニキビに悩みました。その都度克服しましたが外に出たくない、服も選ぶ気になれない心境は理解できます。
打つ手はたくさんありますので、あの手この手でその患者さんに合う治療法を考えます。

脂漏性皮膚炎

小児だとほとんどの乳児に発症しますが、月齢が上がるとともに自然に治ります。大人の場合は頭皮にフケ、かゆみ、顔にもカサカサした赤みかゆみを生じて治りにくいのが特徴です。原因としては皮脂の成分の質的異常であり、皮膚の機能の老化が関係しています。効果的なシャンプーを使用したり、顔の脂漏部位(額、鼻のまわり)を石鹸をよく泡だてて洗いましょう。治療はステロイド、ケトコナゾール等の外用治療、脂漏のコントロールのためにビタミンB群の内服などを行います。

乾癬

尋常性乾癬とは、境界のはっきりした赤い発疹で、銀白色の麟屑(カサカサした厚いカサブタ状のもの)が付着しています。かゆみが伴うこともあります。発疹は主に慢性的かつ機械的な刺激を受けやすい頭部、肘・膝、臀部、下腿などにできます。皮膚以外にも、爪の変形や関節炎を伴うこともあります

はっきりとした原因はまだ分かっていませんが、体質的な要素(遺伝的素因)に気候、ストレス、風邪、喫煙、飲酒、食生活などの外的因子と糖尿病、脂質異常症(高脂血症)、肥満などの内的因子が加わって発病すると考えられています。治療は、塗り薬(ステロイド、活性型ビタミンD3、保湿剤など)、飲み薬(免疫抑制剤、レチノイド)、光線療法が一般的です。

尋常性白斑症

皮膚の一部が脱色されたように白くなってしまう疾患です。

その原因には諸説あり、大きく分けて『自己免疫説』と『神経説』がありますが、詳細は明らかになっておりません。現在分かっていることは、表皮の基底層や毛母に存在するメラノサイトが破壊されるか、機能が停止することによってメラニンをつくれなくなっていることです。徐々に白斑が広がることも多く、手のひら、足の裏をのぞき、全身どこにでも発症しえます。
尋常性白斑はうつる病気でもありませんし、白斑があるからといって健康を害する病気ではありませんが、美容上、社会生活上のストレスの原因となり、気に病む方が多いようです。